【コスパ抜群!夜泣き対策グッズ】ミラクルブランケット

泣いている赤ちゃん 子育て

こんにちはー!

いつもお読みいただきありがとうございます。

今回はコスパグッズの紹介です。

価格より価値の高い商品のことですね。

コスパの良いグッズって、時間や体力の節約につながるから、わが家は大好きです。

夜泣き辛くないですか?

突然ですが、夜泣き辛くないですか?

育児と書いて眠いと読む人もいるくらいです笑

生まれてから3~4か月ぐらいまでは、周囲の刺激に体をびくっとさせるモロー反射で夜泣きをしてしまうことがしばしば。

抱っこしてせっかく寝かせても、布団に置くときに失敗してモロー反射がおきて起きてしまうとげんなりしますよね

抱っこしながら寝るなんてこともあるし、寝かしつけに時間がかかって空が白んでることも笑

モローさんが憎い!今回はそんな方におすすめの魔法のアイテムを紹介します。その名もミラクルブランケット!

ミラクルブランケットとは

アメリカ初の魔法のおくるみです。

特徴的なのはアームラップと呼ばれるもので赤ちゃんの両腕を固定し、赤ちゃんをぐるぐる巻きにする点です。


【ラッピング/のし無料】 ミラクルブランケット (Miracle Blanket) おくるみ ブランケット 夜泣き ぐずり対策 イラスト【あす楽対応】【ナチュラルリビング】

使用感

わが家では上の子も下の子も使っていました。

モロー反射が出なくなる3~4か月ぐらいまでは大変お世話になりました。

一度ミラクルブランケットをまいて泣かせると3時間以上は眠ってくれるので8時から就寝して6時に起床するまでの間、1~2回起きる程度でした。

ミラクルブランケットをまかないと2~3時間に一回は起きていました。

ひどいときは1時間に一回起きていました。

ミラクルブランケットを卒業する時が恐ろしかったです笑

まぁその頃は、モロー反射がなくなってきますが笑

よく寝る理由

アームラップの存在が大きいと思います。

両腕を固定することでモロー反射が起きにくくなったのだと思います。

ミラクルブランケットをしてから布団に置く際、一瞬モロー反射が出るんですけど、アームラップのおかげですぐに持ち直し、起きるまでには至らないのです。

また、音や光の刺激に対しても一瞬反応するものの起きるまでにはならないのだと思います。

2つの残念なポイント

頼りになるミラクルブランケットですが、残念なポイントが2つあります。

使用時間が限られていること

連続8時間以上、一日合計10時間以上の使用はできないんですよ。

わが家は、夜中はもちろん日中もミラクルブランケットに頼っていたので一日10時間以上使いたいこともありました。

また、夜中ぐっすり寝るときは8時間以上巻きっぱなしにしたいときがありました。その時でも、なくなく巻きなさなければいけないのがもったいないところです。

巻きなおすと高確率で起きますからね。腕を固定する関係でしょうがないんでしょうけど。

夜中にまきなおすのが大変なこと

中におむつ替えをするときどうしても巻きなおす必要があるんですよね。

そうすると、ミラクルブランケットを巻きなおすんですけど、これがまた大変なんですよね。

先ほど触れたとおり、赤ちゃんをぐるぐる巻きにするのでそれが手間なんですよ。

まとめ

まとめ
  • ミラクルブランケットとは
  • アームラップで赤ちゃんの両腕を固定することでモロー反射を出にくくし
  • 赤ちゃんをぐっすり眠らせる魔法のおくるみなので
  • 夜泣きで困っている人におすすめです!

【ラッピング/のし無料】 ミラクルブランケット (Miracle Blanket) おくるみ ブランケット 夜泣き ぐずり対策 イラスト【あす楽対応】【ナチュラルリビング】
タイトルとURLをコピーしました