2つのリスク

RISKの画像

本サイトで紹介した米国高配当ETF戦略は次の2つのリスクを抱えています。

2つのリスク

リスク
  1. 一国集中
  2. 為替リスク

一国集中

既に述べたとおり、米国に集中した投資です。米国はまだまだ成長するでしょうが、万が一、米国に隕石が落ちる等の有事の出来事が起こらないとも言えません。

100年単位で見れば回復するのでしょうがじぶん年金にとっては痛手です。

ただし、超大国である米国がダメージを負えば世界もダメージを負うはずですので、他国に分散すれば安心とも言えないのが難しいところです。

為替リスク

配当金はドルなので、日本で暮らす以上それを円に替える必要があります。その際、円高だと実質の配当金が減ることになります。

ただし、米国の大手3社証券会社の運用額が1,600兆円を余裕で越えることと米国がまだまだ経済成長するポテンシャルを秘めていることを鑑みると、円をドルに替えて米国に投資する人が多いと言えそうです。

円が売られてドルが買われることになるので、円安ドル高が長期のトレンドになりそうではあります。

参考

※クリックすると元データにジャンプします。

まとめ

まとめ
  • 米国高配当ETF戦略には
  • 一国集中リスク、為替リスクがある

タイトルとURLをコピーしました