【3選】投資初心者おすすめ本

読書する子供の写真 お金に関する雑学

こんにちは!いつもお読みいただきありがとうございます!

今回は投資初心者であるわが家が同じく投資初心者の方におすすめする3つの本をご紹介します。

たくさんあると、どれを読んだらいいか迷ってしまうと思うので選り抜きました。

それではどうぞ!

金持ち父さん貧乏父さん

まずはこちら。

わが家はこの本からお金に関する至極シンプルな哲学を学びました。

資産とは何か?

突然ですが、クイズです。

マイホームは資産ですか?

それとも負債ですか?

答え決めましたかね?

大抵の人が資産であると答えると思います。

しかし、この本を読めば答えは変わるはず。

この本は、資産を再定義してくれます。

資産は私のポケットにお金を入れてくれる
負債は私のポケットからお金をとっていく

出典:金持ち父さん貧乏父さん 

この言葉に雷を打たれました。

なぜなら、この原則にのっとればマイホームは定期的にローン等を支払う必要があるため、負債になるからです。

自分にお金をもたらすかどうかという視点で資産かどうかを考えたことなどそれまでは一度もありませんでした笑

お金持ちになりたいならどうしたらいいか?

金持ちになりたいなら、ただ「資産を買うこと」に生涯を捧げればいい。

出典:金持ち父さん貧乏父さん 

こんなシンプルなことに、この本に出合うまで全く気づきませんでした。

お金に対してコペルニクス的転回が訪れましたね笑

因みに、具体的には、資産とは、株や債券や不動産等のことですね。

わが家はこの本から、お金が欲しいなら、資産を買う、つまり投資をする必要性があることを学んだのです。

お金は寝かせて増やしなさい

お次はこちら。

投資の必要性を理解したところで初心者がいきなり投資の世界に飛び込むのはとても勇気がいりました。

プロにぼったくり商品をつかまされて、損をするんじゃないかとガクブルでしたもん笑

この本から投資初心者がどんなものに手を出せばいいかを学びました。

投資初心者がプロに勝つ秘策!

インデックスが市場の平均だとすると、アクティブファンドの勝率は50%程度になると思いませんか。だって平均なのですから。しかし、実際は70~80%のアクティブファンドがインデックスに負けてしまうのです!
この傾向は日本だけではありません。世界的に同じ結果が出ています。

出典:お金は寝かせて増やしなさい

この文章は衝撃的でしたね。

インデックスとは、日経平均のように、とある市場の指数のことですね。この指数に連動するような投資信託をインデックスファンドと言います。

要するにインデックスファンドに投資するとは、市場平均に投資をするということですね。

一方、アクティブファンドとは市場平均を超えるリターンを目指して、プロが、タイミングをはかって銘柄を売買する投資商品のことです。

なのに、市場平均のほうがプロに圧勝するんですよ?ビックリですよね。

著者によると、投資初心者でもインデックスファンドを定期的に買い付け、売らずに保持すれば高確率でプロに勝てるというのです。

しかも、買い付けの作業は自動で出来てしまうとのことなのです。

お金は寝かせて増やしなさいとはよく言ったものです。

資本主義の力を信じること

とはいえ、やっぱり投資って怖いという想いがぬぐえませんでした。

○○ショックが起きて資産が半分になりましたみたいな話はよく聞きますし…

そんなところに、著者は次のように語ります。

このように、過去の株価の圧倒的な右肩上がりは、資本主義経済の拡大再生産によるものであり、そのエンジンが人々の「豊かになりたい」という尽きることのない欲望であることが、今後も拡大再生産が続いていく根拠であり、インデックス投資のよりどころであると私は考えています。

出典:お金は寝かせて増やしなさい

人が人である限り、○○ショックが起きてもそのうち回復するから大丈夫だよ、安心して積み立てて買い持ちすればいいんだよ、と言われた気分になりました。

おかげでわが家は無事に投資の世界に入ることができたのです!

なお、その後、「株式投資の未来」を読み、高配当投資を実践することとなりました。

また、暴落時にどうしたらよいか、わが家なりに記事にしましたので、よろしければこちらもご覧ください。

日本人が書いているので日本人にわかりやすい

投資の本って外国の方が書いてあることが多い印象を持ちます。

重要なことは書いてあるんでしょうが、前提となる価値観や背景、言語の違いからスッと頭に入らないことってありませんか?

一方、この本は、一個人の日本人の方が書いているので、日本人の庶民が読んでもスッとわかるような文章で書いてあります。

適宜、マンガを挿入し、理解を促してくれるのも嬉しいところです。

誰も教えてくれないお金の話

最後はこの本。

わが家はこの本から生活レベルを下げないで支出を抑える、つまり正しく節約しお金を貯める力を学びました。

え?投資初心者にすすめる本なのにお金を貯める力の本?と思った方もいるかもしれませんね。

でもこの本をおすすめします。

節約の必要性

話は少しそれますが、次の本の第一章に何が書いてあると思いますか?

投資の大原則なのですから、こんな方法で投資をしろ!とかこんな銘柄を買え的なことが書いてあると思いませんか?

わが家はそう思って手にしました。

でも実は全然違いました。

節約に関して書いてあるのです。

投資をするにもその資金を捻出しなければいけませんものね。

節約は投資をするうえで重要であり、故に、節約に関係する本を紹介するのです。

お金に関する様々な知識が紹介されている!

特にわが家が衝撃的だったことを紹介します。

  • 先取り貯金で正しい節約を
  • 節約は固定費から
  • 家計簿は1円単位でつけなくてOK
  • 自分に合った保険の選び方
  • 住宅ローン、借りていい金額は?
  • 子育てにするのにいくらかかるか?

以上ですね!

先取り貯金、固定費削減、家計簿は1円単位でつけなくてOKはかなり家計改善効果があります。

なお、投資資金を捻出する方法についてはこちらの記事にまとめましたので、よろしければこちらもどうぞ。

マンガだから読みやすい!

お金に関する話って難しいですよね。

せっかく重要なことが書いてあっても頭に入らないと意味はありません。

その点、この本は可愛い絵柄とわかりやすいストーリーと日常目線のマンガ形式でお金に関する知識が学べるので重宝します。

例えば、主人公の妹が主人公に正しい節約を教えるときなんか、ダイエットに例えて正しい節約を解説しています。

1日で摂取するカロリーを決めておけばいいの
たとえばお昼にカロリーオーバーしたら夜に調整すればいいし
その方が食べたいもの食べられるでしょ

出典:誰も教えてくれないお金の話

私は食べていい量も決めずにダイエットしてるつもり…節約してるつもりになってたのね…

出典:誰も教えてくれないお金の話

うーん、これが言い得て妙。普通の人目線の解説ですね。

まとめ

投資初心者におすすめする3つの本
  1. 金持ち父さん貧乏父さん
  2. お金は寝かせて増やしなさい
  3. 誰も教えてくれないお金の話

以上投資初心者が投資初心者におすすめする3つの本でした!

お役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました