【知らないと損】経済学とバフェットに学ぶ賢いお金の使い方

本を読んでいる女性 お金に関する雑学

こんにちはー!

いつもお読みいただきありがとうございます。

今回は次の方向けに

想定読者
  • お店を何件もはしごして安く商品を買う人
  • 何時間もかけてネットで1円でも安い商品を探す人
  • 家電の購入基準は価格の人

経済学とウォーレン・バフェット氏に学ぶ賢いお金の使い方について記事にしました。

この記事の内容を知らないでお金を使っていると、損をしているかもしれません。

それではよろしくお願いします。

機会費用

真のコストはいくらですか?

突然ですがクイズです。

あなたが経営者なら次のうちどちらの仕事を請け負いますか?

ただし、一方を選ぶともう一方の仕事は請け負えなくなるとします。

  • コスト800万円に対して、売上が1,000万円見込める案件
  • コスト100万円に対して、売上が500万円見込める案件

引っかけでもではありませんから素直にお考え下さい。

おそらくほとんどの人が後者を選んだと思います。

その理由を説明できますか?

前者は売上の1,000万円からコストである800万円を引いた200万円の利益になり、

一方、後者は同様に考えて利益が400万円になり、差額の200万円得をするからだ、という声が聞こえてきそうですね。

その通りですね。

では、質問を変えます。

前者のコストはいくらですか?

えっ?800万円に決まっているだろ?

と考えると思いますが、違うのです。

前提から、仮に、前者の仕事を請け負った場合、後者の仕事を請け負えなくなります。

ということは、後者の利益である400万円をみすみす捨てたことになります。

この400万円も隠れたコストなのです。

機会費用とは

経済学では、先ほどの隠れたコストを機会費用と呼びます。

機会費用とは、別の何かをすると得られる利益をコストとしてみなすという考え方です。

利益を得る機会を捨てたという意味で「機会」費用なのですね。

日常生活に潜む機会費用

ところで、この機会費用は日常にも潜んでいるのです。

例えば、お店をはしごすることで食料品を500円安く買うことができるとします。

代わりに、買い物が30分長くかかるものとします。

仮に、30分早く家に帰り、可愛いわが子と触れ合うとして、それに1,000円の価値があるとします。

機会費用は1,000円ですね。

だとすると、500円の売上のために1,000円のコストを払うことになり、赤字です。

はしごをしての買い物は賢いお金の使い方とは言えませんよね。

このように、意識をすると日常にも機会費用は溢れているのです。

ウォーレン・バフェット氏に学ぶ時短家電を買う理由

ロボット掃除機って価格が高いですよね。

ただし、自分の代わりに掃除をしてくれるので、掃除の時間が浮きます。

自分で掃除をする場合は、その間は他のことはできませんから機会費用が発生します。

もし、この機会費用がロボット掃除機の購入費を上回るなら、自動掃除機を買う価値があります。

ところで、投資の神様であるウォーレン・バフェット氏は次のように語っています。

Price is what you pay. Value is what you get.

出典:Forbes Here Are 10 Genius Quotes From Warren Buffett

価格とはあなたが支払うものである。価値とはあなたが得るものである。

と訳せます。

要するに、価格に惑わされず、価値で判断しなさいということだと解釈しています。

ロボット掃除機に支払う価格は高いです。

しかし、機会費用を考えれば得られる価値はそれよりも高い場合もあります。

ということはロボット掃除機の購入は賢いお金の使い方になり得るのです。

もちろん、他の時短家電も同様です。

場合によっては、家事代行サービスもそうです。

ただし、時間が浮くから何でも買っていいというわけではありません。

機会費用や価値を考えてお金を使うようにするということが大切です。

まとめ

まとめ
  • 経済学には別のことをしたら得られる利益を費用とみなす機会費用という考え方がある
  • 機会費用は日常にも潜んでいる
  • 機会費用を考えるとお店のはしごは賢いお金の使い方とは言えないことがある
  • 投資の神様、ウォーレン・バフェット氏は価格ではなく価値で判断しなさいと言っている
  • 機会費用を鑑みると、時短家電は価値があるので、購入は賢いお金の使い方となり得る
  • 機会費用や価値を考えてお金を使うことが大切

以上、経済学とバフェットに学ぶ賢いお金の使い方でした。

機械費用や投資の考えがあなたの生活を今より少しでも良くすれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました